このページは必ず最後までお読みください!

ウィーズの支援を利用できる方

■離婚や別居を選択されるご予定で、面会交流に悩みや不安を抱えている方
■実際に現在面会交流を実施されている方で、悩みや不安を抱えている方
■離婚調停など裁判所で面会交流の実施が取り決められたが、どうしていいかわからない方
■面会交流の支援をする第三者機関を探している方

ウィーズの支援を利用できない方

■父母双方、もしくは一方がウィーズが作成する支援プランに合意できない場合
■調停などで決まった通りにずっと面会交流を行っていきたいと考えている方
■ウィーズの助言を聞き入れられない方
■ウィーズとともに「子ども達のことを第一に考える」ことのできない方
■自分の要求を押し通そうと考えている方

【無料支援の条件】
■両親間において裁判所での係争が今後一切ないこと(金銭関係、親権など全ての係争事件が対象)
  ※判明した場合、遡って有料支援対象となりご請求が生じます。
■代理人弁護士を介してのやりとりがないこと
■お子さんの受け渡し場所が以下のエリアであること
  ※東京23区、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市
   千葉市、船橋市、習志野市、市川市、浦安市
   八千代市、鎌ヶ谷市、佐倉市、四街道市、印西市
   白井市、松戸市、柏市、我孫子市、流山市
■両親双方に、支援なく面会交流を実施できる状態へ最終的に自立をしていこうとする意志があること

などになります。詳細は事前面談時にお伝え致します。

支援までの流れ

画像

個別面談について

個別面談は対面もしくはWEBによる面談になります。対面の場合原則ウィーズ事務所で行いますが、ご自宅の近くや勤務先の近くまでスタッフが出向き面談することもできます。 その際のスタッフの交通費及び場所代はご負担いただきます。対面かWEBによる面談かはお申し込み時にご相談ください。 面談時間はおおよそ90分を予定しております。父母どちらかが面談に応じないもしくは事情により面談できないという場合は支援をお受けすることはできませんのでご注意下さい。 また上記の支援までの流れにもありますが3歳以上のお子様の面談は原則必須となります。


面談の内容について

1)ウィーズの支援について以下を含めお話させていただきます。
 ・親の離婚や別居の後に子どもに起きうること
 ・親の離婚や別居を子どもが消化するための4つのプロセス
 ・面会交流の役割
2)親御さんのこと、お子様のことについてお伺いいたします。
3)ご自身の面会交流に対するご要望・目標を中心にお考えをお聞きします。
4)ご質問をお聞きします。

以上の流れになります。面談を実施後面談の内容を基に支援プランを作成致します。
支援プランの作成には両親双方及びお子様との面談終了後、一週間ほどお時間をいただきます。
完成次第、支援プランをメールでお送りしますので、3日以内に合意の可否をウィーズへご連絡ください。



こちらもご覧ください