面会交流支援

TEL:047-404-6660※ご相談はメールにて

※ただいま大変電話が混みあっております。恐れ入りますがメールでのご連絡をお願いいたします※

ウィーズの面会交流支援

面会交流とは

面会交流は離婚した親同士の間に生まれた子どもと離婚後に別居になった親が面会し一緒の時間を過ごすことです。 別居期間の交流も含みます。
離婚の理由はいろんなケースがあり、離婚した親同士には様々な高葛藤があります。
多くの離婚は子どもの意思とは無関係に行なわれるものです。しかし、子どもにとってどちらも親であることには変わりません。 元夫婦間にどんなに高葛藤があるとしても、子どもの成長には親の愛情は欠かすことはできません。 また子どもの心を最大限に尊重しなければなりません。

私たちは子どもの心の健全な成長を願い、常に子どもの事を第一に考える面会交流ができる支援をしていきたいと考えています。
そして、やがて支援なしに面会交流ができることを願ってやみません。

ウィーズが実現したいのは「子どものための面会交流」

面会交流調停実施件数が10年前の3倍に昇っている中、民間支援団体への支援要請は増加しており、 ニーズが多く支援者が足りない現状が課題となっています。
高葛藤の末に離婚を選択した両親が当事者同士で面会交流を実現させるのはとても困難だからです。
民間支援団体にはそれぞれ団体色がありますが、私たちは親が離婚した子どもの立場の当事者をスタッフに多く抱えています。
子どもの当事者の視点から、親が離婚をしていることに関わらず父母からの愛情を直接感じられるような 「子どものための面会交流」の促進・実現に向けて全力を注ぐとともに、 当事者目線で支援に取り組める人材を養成し、子どもの健全育成に寄与したいと考えています。