クローズ

支援員募集

Supporter

コロナ禍で、ニーズが高まっている活動です。
社会の最も基本的な最小単位である「家族」を支援し、子どもたちの未来、
日本の未来を希望に満ちたものにするために、
ぜひともご応募・メッセージをお願いいたします。

業務内容

長い目で子どものサポートができる活動です

親の離婚を経験し悩みや不安を抱える子どもたちの
サポートを本気でやってくれる方(スタッフ・ボランティア)を募集します!
※業務内容につきましてはご希望を伺います。

主な活動日

平日夕方~夜および土日祝
※無理のない範囲でご参加いただけます。

  • LINE相談支援員

    LINE相談支援員

    LINEを利用して、子どもたちからの相談に対応していただきます。オンラインですので全国どこからでも参加いただけます。

  • みちくさハウス相談支援員

    みちくさハウス相談支援員

    千葉県松戸市にある一戸建てで子どもたちの居場所を運営しています。子どもたちと話したり遊んだり、時には学習支援や相談支援もおこなっていただきます。

  • 面会交流支援員

    面会交流支援員

    親の別居や離婚の後に、子どもが離れて暮らす親と交流する機会がもてるようサポートします。首都圏を中心に活動場所があります。

  • 事務局のサポート

    事務局のサポート

    イベントのお手伝いをはじめ、SNSなどを活用して、ウィーズの活動が子どもたちに伝わっていくように企画・運営もお願いします。

応募条件

  • ウィーズの理念に共感してくださる方
  • 子どもたちの人生に関わることへの責任感のある方
  • 志をもって活動してくださる方
  • 最低1か月に1日は活動に参加いただける方
  • 支援員としてスタートした後のフォローは事務局が責任を持っていたします。
  • 年齢制限はありません。
  • 親の離婚や家庭環境に悩んだ経験をもつ子どもの立場の方は特に歓迎いたします。
  • 他詳細は面談時にお伝えします。

応募方法

  • 応募 お問い合わせフォームよりご連絡をください。
  • 面接 面接を実施いたします。
    まずはZoomを利用してオンラインで実施となります。
  • 選考 面接でお伺いする志望動機・参加可能頻度の結果により
    ご参加の可否を1週間以内にご連絡いたします。
  • 活動参加 まずは現場を見ていただいたり、
    研修に参加していただくところからスタートとなります。

支援員の声

  • 面会交流支援ボランティア

    もともとは親の当事者です。相談のかたちで光本さんと面談をしてすごくホッとして気持ちが楽になりました。
    その後支援を利用しなくても子どもに会えるようになったので、面会交流支援をすることにしました。
    他の親子の支援をさせていただくことで、自分のことも客観的にみることができ、いろいろ気づくことがあります。
    じっくりその子どもと関われるのが、他の子ども支援と異なる特徴だと思います。

  • LINE相談支援ボランティア

    LINEという顔の見えないツールにもかかわらず、カウンセリングや心理学の基礎を実践しているのがウィーズのすごさだと思います。
    私自身も日々勉強になります。オンラインなので、どこでも参加できますが、別のツールで他の支援員さんや事務局ともやりとりができます。 対応していて困ったことがあると、秒で誰かが反応してくれて心強いです(笑)

子どもたちのために
できること

複数の寄付プランを設けています。また頂いた寄付は私たちの活動の運用費させていただきます。
私たちが継続的に活動でき、より多くの子どもたちを守るため、あなたのご支援をお待ちしております。

  • 毎月の寄付をする

    毎月の寄付をする
  • 企業・団体としてのご支援

    企業・団体としてのご支援

    企業のCSR活動の連携や、SDGs達成など、ご協力できることがありましたらご連絡ください。
    寄付、講演依頼などもお待ちしております。